AG

2018年01月30日

 現在,私は長野県読書感想文コンクールの金賞作品集『ひろがる読書』の校正を行っています。それを受けて,今回は,最近私が読書をしていて気づいたことを話したいと思います。
 以前このブログで,自分は小説を書くのが好きだと書いたことがありました。それで次に書こうとしている話を考えていて,
「こういう内容なら…舞台は江戸時代の農村かな……でも何も知識がないな」
 ということで,図書館に資料を探しにいきました。しかし,そういう本は読んで楽しいというものではないので,すぐに嫌になってしまい,読み進められません。
「まいったなぁ…でも,様子がわからないと書けないぞ」
 この時点で,そもそも自分は江戸時代の農村の何を知りたいのかすらわかっていません。
 それでもなんとか頑張って,すごく時間をかけて無理やり一冊読み切りました。そして,次は子ども向けの民話を読み,また資料を探して読みました。
 四冊目の関連書籍を読み終えたあたりで,ふと気づいたことがありました。
「あれ……なんか,あんまり嫌にならずに読めるようになってきた」
 頭が,そのジャンルの話題に慣れてきたのでしょうか。
「あれ,この本のこの内容,ほかの本でも述べられていた気がする。重要なことなのかな」
 そして次に調べたいことがわかってきました。
 流れはこんな感じです。
 最初に頑張って読んだ本というのが,お百姓さんたちの水資源抗争についての本でした。
「新田開発についてすごく言及している……じゃあ,時代は具体的に,江戸時代の新田開発がさかんに行われていた頃にしよう」
→江戸の農村について調べよう→新田開発について調べよう→当時の農業のことも調べないと→農民の暮らしを調べないと→主人公は子どもだから,農民の子どもの暮らしを調べないと……。
 なんとなく,本を探すときのキーワードが浮かんでくるようになり,必要な資料も見つけやすくなりました。「頭が慣れてくる」と書きましたが,頭の中で知識がつながってきて飲み込みやすくなるのかもしれません。それが自分にとっては驚きだったので,新しい発見をしたなどと一人で喜んでいた今日この頃でした。

 さて,最初に述べた『ひろがる読書』も校了日が迫り,平成30年度版の夏休み帳・冬休み帳に関する作業にも追われています。今朝のニュースでインフルエンザが猛威をふるっていると報じられていたので,健康に気をつけて乗り切りたいと思います。

(14:02)

2017年11月02日

 木の葉が色づき,すっかり秋も深まってまいりました。この季節に思いを馳せるのは,郷里の山の風景です。
 毛涯章平先生の随想集『ふきのとうの餞別』の中に,「風越山」という山のことに触れた文章があります。「空の色」という題で,この山を背景にした夕方の情景の美しさについて語られています。南信州にあるこの風越山は,私にとっては郷里を象徴するものです。非常に美しい形をしており,季節を感じさせてくれるのはいつもこの山でした。新緑の山影が,田植え前の水田に映り込めば春。深緑の山頂で,夕立の雷鳴が響けば夏といったように――。
 そして秋はもちろん紅葉ですが,きれいに色づくときもあれば,さびしい枯れ色に染まっただけで冬になってしまう年もあります。今年の風越山はきれいに紅葉するだろうか,と見上げて過ごすのが,私の秋の日常でした。学生時代,里帰りの高速バスの窓からこの山が見えた瞬間,ああ,帰ってきた,と感じるものでした。

 さて,こんなふうにしみじみと秋を感じているうちに,あっというまに冬がやってきます。長野県の先生方により編集された,冬休みの学習帳,「平成29年度版 冬休み」が,現在しんきょうネットにて予約受付中です。冬休みまでに学習した事項をしっかり復習でき,県下で定番の冬休み帳,納品お約束期限は11月28日となっております。ぜひご採択ください。

(10:09)

2017年08月04日

 3月に新学習指導要領が告示されてからは,その移行措置が自分の担当する教材にどのように関わってくるのかを調べることに追われていました。私は,学習指導要領が改訂されるということに初めて向き合うため,説明のセミナーもすごく緊張して出かけています。 
 この仕事に就いて2年目ですが,入社するまでは学習指導要領,ましてや移行措置など,日常で口にすることのない言葉でした。今,日に何度もこういった言葉を使っていると,時折,教師だった祖父のことを思い出します。5年前に亡くなった祖父は,中学校の国語の教師でした。子ども好きの祖父で,退職してからも近所の小さな図書館を手伝い,地域の子どもたちに接していました。私は生前の祖父に,その教師生活について尋ねたことがほとんどありません。それが今,とても心残りに思えてならないのです。幼少のころ,私はいわゆる「おじいちゃん子」で,祖父に遊んでもらうことが何よりも大好きでした。しかし,成長するにつれて私の方から離れていき,大人になり,昔のように楽しく語らうことも少なくなったまま,永遠の別れとなってしまいました。
 現在の私は,テストや休み帳の編集委員会で学校の先生と話をしたり,学習指導要領について学んだりしています。学校や勉強について考えることが日常になった今,祖父が教師だったころの話が聞きたい。そう思えてなりません。
 行事の準備は大変だった? 昔はどうやってテストを作っていたの? 生徒とどんなことを話した? そのころの学習指導要領は? どんなことが楽しかった?
 今となっては遅いのですが,この仕事をするようになって,祖父が歩んできた道がほんの少しだけ見えたような気がしています。

 さて,8月に入ったばかりですが,秋になれば,諸々の編集作業が本格化して一層忙しくなります。体調管理をしっかりして取り組んでいきたいと思います。

(16:51)

2017年05月26日

 私が信教出版に入社してから,1年8か月ほど経ちました。入社したころ,とても感銘を受けたことがあり,今でもよく思い出すので,それについてお話しします。

 私はまったく畑違いの職種から,現在の編集の仕事に転職しました。そこで初めて知った言葉が,「デジタル教材」。もちろん自分が子どものころには存在しなかったものなので,
「電子黒板?! デジタル教科書?!」
 すごい時代になったなあ…とずいぶん衝撃を受けました。
 そんなある日,私は弊社の小学校1年生用の道徳資料集を読んでいて,そこに載っていた目次のタイトルに,もう一度衝撃を受けました。
 それは,「ものが ないて いる」。
 大事にしないと,ものが泣く。昔からよく言われている言葉を思い出しました。幼少のころ,祖父母から諭すように言われた人もいるのではないでしょうか。
「デジタル教材のようなハイテクな物が生まれる時代に,昔から言われてきたことも受け継がれているなんて……なんて素敵なんだろう。」
 と,みょうに感動したことを覚えています。どんなに時代が進んでも,大切な心は受け継がれていくのだなと思いました。

 さて,本年度は平成30年度改訂の休み帳の編集作業が本格的に始まります。信教の夏・冬休み帳は,昔から多くの人に親しまれて使われてきた,歴史の長いものです。新しい時代に対応させ,よいところは伝えていけるよう,編集委員の方々とともに頑張ろうと思います。

(16:58)

2017年03月17日

「何しているときが,いちばん楽しい?」

 そう聞かれたら,迷わず答えます。
「小説を書いているとき。」

 何らかの賞に応募するための趣味の小説ですが,
〝好きなことに費やすエネルギーは,いったいどこから湧いてくるのか〟
 ということを,しばしば考えます。
 ひとたび「今回はこんな話を書こう」と決めたら,
・似たテーマの本を探して読んでみる。
・図書館で調べものをする。
・考える。
・ノートにあらすじを書く。
・ひたすらパソコンに向かって書く。

 これを日常の合間をぬって何か月もかけて進めるので,けっこう気力が必要です。しかも落選を知ったときなんて,ごっそりとエネルギーをもっていかれる感じもします。それでも
「じゃ,次はあの賞に向けて書こう。締め切りはいつ? どんな物語がいいかな……」
と,こりないし,「賞なんかとれるわけないよ」と笑われても,かまわず書き続けます。
 どこからか前向きなエネルギーが湧くからできるのです。

 こういったことに限らず,物事に向かっていくエネルギーを自分でつくりだすことは,仕事をする上でも非常に重要だと思います。
 今年度,自分が仕事でとくに心掛けたいことは,スケジュール管理をすることです。難しいことに思えるのですが,自分の仕事の先には,印刷をする人,販売をする人,受け取る人,さまざまな人がいることを意識してがんばりたいと思いました。

(12:30)