TY

2016年06月24日

英語教育に関する話題が相変わらず盛んです。

先日の報道によれば,次期学習指導要領での英語教育の内容を検討している
ワーキンググループで,英語の4技能「読む・聞く・書く・話す」の
具体的な学習到達目標を各学校が設定するとの取りまとめ案を大筋了承したとか。

また指導する単語数も,小学校で600~700語程度,中学校では現行の1200語程度から
1600~1800語程度に増える見通しとのことで,今現在,語数に関する規定のない
小学校で600~700語の指導,前の指導要領では900語程度指導することになっていた
中学校でも当時の約2倍の1700~1800語の指導と,
これからの子どもはたくさん勉強しなくてはならないので大変だなあと思います。

思い起こせば,私が1年間の浪人生活の末,ようやく大学に合格して
これからは大学生というときに,高校時代の恩師に
「これからはバイリンガルどころか,トライリンガルでないと生きていけない時代が来る」
と言われ,恐れおののいた記憶があります。

正直なところ,あれから20年以上がたった今でも,
自分に関しては3か国語はおろか2か国語すら使いこなすことがままなりません。
でも,バイでもトライでもなくてもなんとか社会人として仕事をさせてもらえ,
そのほかの日常生活でもさして不自由なく生活できています。

もちろん外国語を自由に操る人には強く憧れますが,
母国語以外の言語を身につけるのはそうたやすいものではありません。

以前,私が仕事でお世話になった先生にこんな話を聞きました。

ある年の雪まつりの会場で,外国の方が自動販売機の前で立ち往生していたそうです。
放っておくことのできなかったその先生は,英語は得意ではないけれど勇気をふりしぼって
「トラブル?」と声をかけたそうです。
その先生の発音は,私が聞いた感じだと
「Trouble?」というより
「とらぶる?」という感じの発音でしたが,
外国の方はお目当ての飲み物を買うことができずに困っていると
身振り手振りで説明したそうです。
状況を理解した先生は,近くのお店まで一緒に行ってあげて,
同じ商品がそのお店にもあることを教えてあげたそうです。
その方は欲しかった飲み物を買えてことなきを得たとのことでした。

こういう話を聞くと,あまり大きな声では言えませんが,
英語を話せることはもちろん大事なのですが,
それよりも結局は人間力というか,困っている人に手を貸してあげようという
親切な心の方が大切なのではないかと思ってしまいます。

わたしも思い切って,「とらぶる?」と声をかけてあげられる人になりたいです。


TY

(17:43)

2016年04月28日

気づけば今日は4月28日,もう目の前にはゴールデンウィークが迫ってきています。
4月から新しい環境に入った方々にとっては,待ちに待った連休かと思います。

私はといえば,今年度から新しい仕事を仰せつかり,なかなか要領を得ないまま
右往左往しているうちに5月を迎えようとしています。
新しい仕事でも,一度身につけてしまえばあとは繰り返しの中で自然に
できるようになるだろうとは思いますが,勉強中はなにかと苦労が絶えません。
しかし,新しいことをするのは嫌いではないので,楽しみながらなんとか自分のものに
したいと意気込んでいます。

その新しい仕事の,やり方を細かく整理していく中で興味深いことがありました。
それは,もうとっくに役目を終えたと思われたものを再び活用するようになったということです。

具体的には,もう使われなくなって10年も経とうかという古い伝票と小さな黒板なのですが,
使われなくなってからしばらくの間,誰にも見向きもされなかったこれらの道具が,
また業務の中で重要な役割を担うことになりました。

最近では,ものへの執着はきっぱり捨てて,不要なものは即座に処分し
常に身の回りはすっきりさせておこうという考え方に支持が集まっているかと思います。
自分もどちらかというとその考え方には賛成なのですが,今回ばかりは上の2つのものについて,
「捨てないでとってあってよかった」と思いました。

さて,教育の世界に目を向ければ,やれICTだ,やれデジタルだと
新しいものが今も続々と登場しては注目を集めています。
しかし,今回のことのように,最新の機器や方法論ではなくもう役目を終えたと
思われたものが再び脚光を浴びたのと同様に,もう古いと思われたことでも
実は重要で,今まで通り大事にしていかなくてはならないということが
あるのではないでしょうか。

自分の仕事や生活全般においても,いたずらに新しいものに目を惑わされずに,
本当に大切なことをよく見極めていかなくては,と思わされた出来事でした。


TY

(16:04)

2016年03月11日

今週水曜日(3/9)は長野県高校入試の後期選抜試験でした。
毎年の光景ではありますが,私の地元の駅でも,朝,改札口の前で
中学校の先生方が生徒さんを励ましたり,生徒さんが何人かで一緒に
電車に乗って試験会場に向かったりする姿が見られました。
仕事柄,毎年試験に向かう中学生を見ると思わず心の中で
「頑張って」と言ってしまいます。
みなさん,試験の出来はいかがでしたか。
合格発表(3/18)はまだですが,まずは一大イベントを無事に終え
ほっと一息ついているところでしょう。

さて,今年度は新しい中学校教材を作る年でした。

以前のブログでもふれましたが,私は英語教材の
『New Picture Drill』を担当しています。
こちらは以前に発行された『PICTURE DRILL』がもとになっていますが,
リニューアルとはいえICTとの連携を新たに加えたり,
前のものよりさらに役に立つ教材にするということで思いのほか
編集作業は大変でした。

しかし,毎回長時間におよぶ編集委員会や,何か課題にぶちあたったとき,
それから連日連夜の編集作業の中でも私を鼓舞しつづけたのは,
この教材を使って中学生が英語を話す力を本当につけてほしいという思いでした。
疲労がたまって体がきついときでも,
「New Picture Drillでみんな英語ペラペラになったらいいな。」
なんて考えると,自然と体の疲れもどこかへ飛んで行ってしまう
ような気がしました。

もちろん,いちばんお骨折りをいただいたのは原稿を書いてくださった
編集委員の先生方ですし,日ごろ先生方が生徒さんを思う気持ちには到底およびませんが,
我々も陰ながら児童・生徒のみなさんのことを思いながら仕事にあたっています。
先生方と苦労して作り上げた教材が,みなさんの役に立てばいいなと心から思います。

気がつけばもう3月も中旬。
中3生のみなさんは高校受験と言うハードルを乗り越え,
それぞれの夢に向かって大きくはばたく春になるといいですね。
新・中1,2,3生のみなさんはNew Picture Drillで英語を話す力をつけ,
いつか日本を飛び越え大きくはばたく力を蓄えましょう!


『New Picture Drill』STEP1~3 各750円
お求めはしんきょうネットまでどうぞ。

TY

(15:00)

2016年01月22日

最近,英語教育をとりまく議論が熱いです。

2020年に,東京オリンピック・パラリンピックが控えていることも
理由の1つなのでしょうが,今後は中学校でも英語の授業を英語で行うことが
予定されていたり,話す能力のテストを含めた学力調査が国によって
行われたりするそうです。

今後,英語を話す能力は不可欠といったご時世でありますが,
このたび弊社では,『New Picture Drill(STEP1~3)』という中学生向けの
英語を話す力をつけるための教材を発行します。

これは,まず英文の基本的な形式を覚え,それを絵(picture)の状況に応じた
英文に変化させる訓練「パターンプラクティス」を積むことにより,
英語を話す力をつける教材です。
ドリルブックと対応したCD-ROMがついており,WEBブラウザで
ネイティブスピーカーによるナレーションを聞いたり,
pictureを見たりすることができます。
クリック1つで音声が流れるので繰り返し練習が容易に行えます。

また,ドリルブックには英文が文法的に解説されており,
練習問題もふんだんに掲載されています。
口頭練習のみならず,書いて学習することによって
内容を確実に定着させられます。

近日中にご採用見本が各学校に配布されますので,どうぞご期待ください!

『New Picture Drill(STEP1~3)』
・STEP1~3(各中学1~3年相当),定価 各750円(税込)
・各STEPにCD-ROM付き
・教師用指導案を採用クラス分贈呈


TY

(14:11)

2015年12月11日

早いもので,もう12月も半ばに差し掛かりました。
すっかり冬の気配となった今日この頃ですが,みなさんいかがお過ごしでしょうか。

中学3年生のみなさんは,高校入試(後記選抜試験)まであと3か月余りとなりました。
最後の追い込みの受験勉強に,邁進しているところかと思います。

ところで先生方,英語のリスニング対策はどのように生徒さんに指導されていますか。
なかなか安価で適当な教材がないとか,教科書の音声を聞かせる程度が精いっぱいといった
声をよくお聞きしますが,信教出版では『Listening Work』という中学生2~3年生向けの
英語リスニング教材を発売しています。

この教材は,段階ごとにSTEP1~3の3部構成となっており,
特にSTEP3については,高校入試本番の問題と同程度のボリューム,難易度となっているため,
受験対策としては最適です。
さらに,ふろくとして長野県高校入試の過去5年分の問題と音声がついており,
ネイティブスピーカーによる音声を聞きながら実際の入試問題に取り組めるので,
入試のリスニング対策としてはこれ以上ないものとなっております。

リスニング対策,安心してください。まだ間に合いますよ。


詳しくは弊社ホームページをご覧ください。
『Listening Work』定価540円(税込)
http://www.shinkyo-pub.or.jp/text/listeningwork.html

お求めは,しんきょうネットまでどうぞ。
http://www.shinkyo-net.co.jp/


TY

(11:06)