2021年04月05日

突然ですが,皆さんにとっては興味のない話題かもしれません。悪しからず・・・。
私は高校生のとき,ラグビー部に入っていました。ガチのラガーマンでした。当時(38年前!)はラグビーが流行り始め,高校でもラグビー同好会が立ち上がったばかりでした。2年生のときに友人に誘われて入部したところ,すぐにラグビーの面白さにのめり込みました。ラグビーは,ボールの形だけでなく,ゲームの中でスクラムやラインアウトなど様々な要素があり,異なる役割をもったバックスとフォワードがワン・チームになって1つの楕円球を追いかけるということがとても面白いと思ったのです。

部活はランニングで始まり,冬は雪の積もったグランドでランパスをしたり,タックルの練習をしたりしました。当時は冬といえば大体辺り一面雪景色で,現在よりも寒かったと思いますが,練習後は暑くて暑くて,帰りにアイスクリームを買い食いしていました!(WWW)

夏休みの菅平での合宿は,体力の限界への挑戦でした。真夏の焼けるような太陽の下で,ひたすら楕円球を追いかけて走りまくりました。菅平はラグビーのメッカとして有名で全国から高校生が合宿に来ているので,強豪校とも練習試合をしました。試合でボロクソに負けた後,よくグランドを走らされたものです。

時が経ち2019年には,ラグビー・ワールドカップと「ノーサイド・ゲーム」というドラマを通じてラグビーが盛り上がりました。このドラマのタイトルになった「ノーサイド(No side)」とはラグビーの試合終了のことですが,この言葉には試合終了だけでなく,試合終了後は敵・味方関係なくお互いの健闘をたたえ合うという精神が表現されています。日本では「ノーサイド」の精神として,ラグビーに限らず,対立していた者同士が和解したときにも使われる一般的な言葉になっています。 

一方,海外では,ラグビーの試合終了のときには「ノーサイド」ではなく「フルタイム(Full time)」というそうです。昔は海外でも「ノーサイド」が使われており,試合終了後に敵・味方関係なくお互いの健闘をたたえ合うという精神は今もラグビーの根底にありますが,海外では「ノーサイド」という言葉は使われなくなったということです。なぜ,日本にのみ「ノーサイド」が残っていて,これだけ一般的に広まって定着しているのか,その背景には日本独自の文化があるようです。

いずれにしても「ノーサイド」の精神で敵・味方を作らず,様々な役割の人たちがワン・チームになって,どこに転がっていくかわからない楕円球を追いかけるという姿は,これからの私たちの行動の指針として,示唆に富んでいるのではないでしょうか。

(N)


(10:44)