2016年11月29日

家の東南の角に寒椿が一本植えてある。
家を建てたとき,イチイやドウダンツツジなど何本か植栽をいただき,
無計画にあちこちに植えてしまった一本だ。
キッチンの出窓から何となく見えるのだが,大した手入れもされないのに
毎年花を咲かせているのだけは,わかっていた。
東南の角は,隣家との境になっていて陽当たりも悪い。
気がつけばお日様が当たる隙間に向けて,けなげに枝を伸ばしている。

夏の初めに出窓からのぞくと,何やら枝に白い塊がみえる。
何だろうと外に出てみると,!!! カイガラムシの塊ではないか!
枝のあちこち,葉っぱのあちこちに白い点々がたくさんついている。
小さくてたくさんいるのが大嫌いな私は,身の毛がよだつような気がした。

けれどもそのとき,毎年,人知れず花を咲かせている寒椿を助けてやりたいと思ってしまった。

歯ブラシと剪定ばさみを用意して, 念入りに,枝の一本一本,葉っぱの表も裏も,
目視する限り,もういないと思えるまで手を入れてみた。


今,11月も終わりに近づき,寒椿はたくさんつぼみをつけている。
何だか,葉っぱもつやつやして,枝ぶりも元気がいいような気がする。
寒椿は,自分だけでも枝を伸ばし,花を咲かせていた。
でも,ひと手間手をかけたことが,少しは成長の助けになったのではないかと感じた。
普段から庭の手入れをしっかりやっている方には,笑ってしまうようなことかもしれない。
でも,無精だった私は,本当によかったと思った。これからは,ちゃんとやろうと思った。


思わず手を出したくなるときがある。でも,それが相手にとってどうなのか,
的確なことなのか,余計なお世話なのか,古い価値観ではないのかといろいろ悩ましい。
それでも,きちんと手をかけていくことの大切さを,
20年近くも放っておかれた寒椿が,今さらながら教えてくれたような気がする。

一日一日寒さが厳しくなるけれど,花を咲かせてくれるのが待ち遠しい。

(19:50)