2016年07月29日

「関東甲信地方が7月28日ごろに梅雨明けしたとみられる」との気象庁の発表で,
いよいよ信州にも本格的な夏がやってきました。
とはいえ,8月7日はもう立秋。暦の上では“秋”になります。
「暑中見舞いは,梅雨明けから立秋までに出す派」の私ですので,この週末は,
不義理をしている人たちに,久々の近況を知らせる便りを出そうと思っています。

6月の信州中野のバラまつりで,20代のころ,それこそ毎日のように会っていた友人と,
それこそ何十年ぶりかで再会しました。
立ち話が尽きず,じゃあ,お茶でもが,せっかくだから夕飯もいいよね,となって,
気づいたら閉店の時間。
それでも名残惜しくて,また連絡してね,といいながら別れました。
近況を報告し合い,かつての思い出話に花が咲き,本当に楽しい時間でした。

会わなかった長い間,友人と私をつなげていたのは,年賀状だったかもしれません。

  「お変わりありませんか。私は元気です。
              今年こそ,会いましょうね。」

こんなことをかれこれ20年も続けていました。
細い糸でしたが,しっかりつながっていたようでうれしかったです。

携帯電話が普及する前は,電話(イエ電)をするとか,手紙を書くとか,いそうな所にいってみるとか,
そんな伝達手段しかありませんでした。
伝達手段が増えた今,人のつながりは,密になったのか希薄になったのか…。


ところで,あなたは,近ごろ誰かに手紙を書きましたか。
手紙を書くということは,なかなか大変なことだと思います。
メールなどの短文と違い,起承転結のあるまとまった文章を書かなければなりません。
書き始めたはいいけれど,相手に思いが伝わる文章はむずかしく,
やっといい文章が思い浮かんだと思ったら,字を間違えたりして…。
それでも,たまには心を落ち着けて,便箋にむかうのもいいものだと思います。
手紙をもらった相手もきっと喜んでくれるでしょう。

いきなり手紙はハードルが高い,そんなときこそ「季節の便り」です。
心を込めて,誰かにはがき(カード),だしてみませんか。
年賀状に,暑中見舞い,クリスマス。誕生日などのイベントもいいですね。

かくいう私も便りは出しても手書きはめっきり減りました。
30年来愛用の万年筆を,これからはもっと活躍させようと思います。

(17:21)