2016年06月24日

英語教育に関する話題が相変わらず盛んです。

先日の報道によれば,次期学習指導要領での英語教育の内容を検討している
ワーキンググループで,英語の4技能「読む・聞く・書く・話す」の
具体的な学習到達目標を各学校が設定するとの取りまとめ案を大筋了承したとか。

また指導する単語数も,小学校で600~700語程度,中学校では現行の1200語程度から
1600~1800語程度に増える見通しとのことで,今現在,語数に関する規定のない
小学校で600~700語の指導,前の指導要領では900語程度指導することになっていた
中学校でも当時の約2倍の1700~1800語の指導と,
これからの子どもはたくさん勉強しなくてはならないので大変だなあと思います。

思い起こせば,私が1年間の浪人生活の末,ようやく大学に合格して
これからは大学生というときに,高校時代の恩師に
「これからはバイリンガルどころか,トライリンガルでないと生きていけない時代が来る」
と言われ,恐れおののいた記憶があります。

正直なところ,あれから20年以上がたった今でも,
自分に関しては3か国語はおろか2か国語すら使いこなすことがままなりません。
でも,バイでもトライでもなくてもなんとか社会人として仕事をさせてもらえ,
そのほかの日常生活でもさして不自由なく生活できています。

もちろん外国語を自由に操る人には強く憧れますが,
母国語以外の言語を身につけるのはそうたやすいものではありません。

以前,私が仕事でお世話になった先生にこんな話を聞きました。

ある年の雪まつりの会場で,外国の方が自動販売機の前で立ち往生していたそうです。
放っておくことのできなかったその先生は,英語は得意ではないけれど勇気をふりしぼって
「トラブル?」と声をかけたそうです。
その先生の発音は,私が聞いた感じだと
「Trouble?」というより
「とらぶる?」という感じの発音でしたが,
外国の方はお目当ての飲み物を買うことができずに困っていると
身振り手振りで説明したそうです。
状況を理解した先生は,近くのお店まで一緒に行ってあげて,
同じ商品がそのお店にもあることを教えてあげたそうです。
その方は欲しかった飲み物を買えてことなきを得たとのことでした。

こういう話を聞くと,あまり大きな声では言えませんが,
英語を話せることはもちろん大事なのですが,
それよりも結局は人間力というか,困っている人に手を貸してあげようという
親切な心の方が大切なのではないかと思ってしまいます。

わたしも思い切って,「とらぶる?」と声をかけてあげられる人になりたいです。


TY

(17:43)