2016年04月25日

新しい年度がスタートしてはやくも半月が過ぎました。
学校では、進級した児童や生徒さんたちが、
新たな気持ちで新しい教材を使い始めていると思います。

最近、我社の教材に関する保護者の方からの問い合わせが増えたように思います。
お子様の勉強について関心をもつ熱心な保護者の方が増えたのでしょう。

一方、新聞ではデジタル教科書が解禁されるというような報道があり、
課題山積、賛否両論の中、世の中の大きな流れとしては
とにかくデジタル化推進ということなのでしょうか。

私個人としては、近年の教育を取り巻く状況の変化に対して、
「?」と思うようなことが結構あります。
皆様にもそれぞれいろいろな思いがあると思います。

教育の主体は子どもたち自身ですので、
子どもたち自身の成長を見据えながら、
その成長のスピードに合った環境を整備してあげることが
大人の責任だと思います。

今後の教育方針が示される次の学習指導要領がどうなるのか。
学習指導要領の方向性を示す中央教育審議会の答申が今年度中に出るようですが,
とても気になるところです。

(N)

(12:56)