2015年02月23日

東京の国立博物館で開催されている,「みちのくの仏像」展に行ってきた。
お目当ては,山形本山慈恩寺の十二神将。その中の四体がやって来るという。

慈恩寺が好きで何度か通っている。
きっかけは,東京への出張の折,新幹線の中にあった「トランヴェール」という雑誌を見たことだ。
「トランヴェール」は,JR東日本の新幹線車内サービス誌で,
東日本の文化,風土を紹介しており,何年か前に慈恩寺を特集していた。
そこに掲載されていた枯れた感じの建物,神秘的な仏像,そして毎年5月5日に行われる一子相伝の舞楽。
東北にこんなすごいところがあったんだと思った。
矢も盾もたまらず,5月5日の舞楽披露に合わせて慈恩寺に行くことにした。
慈恩寺は,その建物も仏像も,舞楽もすばらしく,それ以来,何度か通うことになった。

さて,国立博物館にやってきた十二神将だが,
透明なケースに納められ,照明を当てられ,慈恩寺に安置されていた時とは,趣が違った。
いつもは持っていない,(たぶん展覧会用の)新しい持物(じぶつ)を持ち,彩色もよく見えて,
往時の姿により近いものだったのだと思う。赤い皮膚や,甲冑の模様がはっきり見て取れた。

今回の展覧会は,言うまでもなく3.11からの復興を祈る意味もある。
「みちのくの仏像」展と合わせて「3.11大津波と文化財の再生」展も開催され,
大きな被害を受けた文化財再生への,この4年間の取り組みが紹介されていた。
不思議なことだが,仏像というと,奈良,京都と思い込んでいる節がある。
もちろん,長いこと政治の中心で富も人も集まっていた場所だから,
優れた寺社,仏像がたくさんあるのだが,
人がいる限り,どこにでも祈りはあるのだと思う。
お目当ての十二神将は,天部に属する薬師如来を守護する武神であるから,
穏やかという仏ではないが,
3.11の災害を経て,なお穏やかで慈愛に満ちた仏像も展示され,
仏像1体1体に手を合わせながら鑑賞している人がいた。

それぞれの土地で人々の心のよりどころとなった仏様が,日本中にいるのだろう。
新年度を控え,あわただしい毎日が続いているが,
「みちのくの仏像」たちに囲まれ,しばし,ゆったりと穏やかな心持ちになれた。

(13:16)