2014年12月29日

一年の最後の週にブログを書くのは久しぶりだ。
世間では毎年恒例のクリスマスから年末年始へと大イベントに気分が盛り上がるのだろうが,
わが社の場合,現在,27年度用教材の改訂作業の真っ最中であり,
張りつめた気持ちで,皆,仕事に取り組んでいるところだ。

ところで,「今年の漢字」というのをご存じのことと思う。
日本漢字能力検定協会が全国から募集した漢字の中から一番多かった漢字を選び,
「今年の漢字」を決めるものだ。
例年11月1日ごろに募集が始まり,12月12日ごろに清水寺で発表される。
よくニュースで清水寺の和尚様が大きな筆で漢字を書くところを見ると思う。
私は最近,このニュースを見ると,いよいよ年の瀬が迫ったと感じる。

今年の漢字は「税」。
消費税が5%から8%にアップしたことが多くの人々の印象に強く残ったのだと思う。
また,「今年の漢字」には選ばれなかったものの,2位以下の漢字も今年の出来事を連想させる。
例えば2位は「熱」。海外のエボラ出血熱だけでなく日本でもデング熱が流行った。
3位は「嘘」。テレビによく登場したあんな人やこんな人のことを思い出す。
また,4位は「災」,5位は「雪」,そして7位は「噴」。
今年は集中豪雨による土石流や御嶽山の噴火,あるいは大雪による災害が目立った。
ちなみに10位の「妖」は「妖怪ウオッチ」の人気のよるものか,はたまた・・・。

以前の年の「今年の漢字」にはどんなものがあったのだろうか。
例えば,2011年の「絆」,2012年の「金」,2013年(昨年)の「輪」など。
2011年は東日本大震災があり,人々の絆の大切さを痛烈に感じた年。
2012年は金環日食などの天文現象と生活保護費(お金)の不正受給などの問題が多かった年。
2013年は,2020年の東京五輪・富士山の世界文化遺産登録・W杯出場の決定で日本中が沸(輪?)いた年。
また,2012年と同じ「金」が選ばれた2000年は,
シドニー五輪での日本選手の金メダルや,国民的アイドル「きんさん」のご逝去が印象深かった年。

明るいイメージの漢字だけでなく,
2007年の「偽」,2004年の「災」,1998年の「毒」など,
暗いイメージの漢字が選ばれたこともある。

来年2015年の「今年の漢字」には,
明るいイメージの漢字が選ばれるような年になってほしい。

(N)

(10:09)