2014年12月12日

今後の教材作りの参考に,ということで,ICTに関する講習会に出席させてもらえることがあります。そういった講習会でよく出てくるワードのひとつが,「クラウド」です。なんとなくミライ感あふれる響きですが,いまいちイメージがつかめないな,ということで調べてみました。

簡単に言うと,いろいろな書類やらデータやらソフトやらを,自分のパソコンやスマートフォンではなく,インターネット上の「クラウド(雲)」に置いておくことで,いろいろと便利に使えるようになるよ,という使い方やサービスのことだそうです。

例えば,出先でスマートフォンを使って写真を撮ったとします。すると,撮った写真は自動的に「クラウド」に上げられて,今度はそこから家のパソコンやスマートフォンに写真が転送されます。
そうすれば,いちいちSDカードからコピーしたり,ケーブルをつないで転送したりしなくても,家に帰ればすぐにパソコンでその写真が見られるようになるというわけです。

なんとなく,おわかりいただけましたでしょうか。
……イメージをつかむ前に,「雲」をつかむような感じでしょうか。


最近,教材のPRに出かけたり,チラシを作ったりする機会が何度かあったのですが,その度にわかりやすく伝えることって難しいなぁ,と感じます。

先日も,教材の表紙に何を載せるのかということが社内で話題になりました。
個人的にはいろいろとアピールポイントを載せたいな,と思っていたのですが,他で売られている教材の表紙を見ると,伝えたいことがシンプルで,しかもわかりやすく書かれていて,少し考えが変わりました。

どれだけ伝えたいことがあっても,実際に伝わらなければ意味がありません。
少しずつでも,できるだけわかりやすく伝えられるような考え方を身に付けていけたらいいな,と思います。

(14:16)