2014年07月09日

イメージ 1

手がけていた画集ができあがりました。

竹下馨画集『パリと不戦と信州と』
上製320㎜×280㎜ カバー装 ケース入り カラー 120ページ

竹下氏が信教出版にいらっしゃったのは,昨年の5月でした。
「画集を作りたい。」
是非,やらせていただきたいと思い,何度か打ち合わせをさせていただき,
正式に決まったのが,7月でしたから,完成にほぼ1年かかってしまいました。

先生は,掲載する作品をすべてご自分で写真にとり,詳細なレイアウト案をもっていらっしゃいました。
画集も画家の作品であるから,既成の枠にとらわれず,自由に思うままに作りたい,そうおっしゃって,
なんども打ち合わせを重ね,色校正を出し,その都度装丁もグレードアップしていき,
本当に立派な画集に仕上がりました。

画集は,50代で会社をやめ,単身で渡り,その後何度も訪れたパリとその周辺を描いた「パリ」,
そして「不戦」,信州の風景他からなる「信州」の3部で構成されています。
先生は,まさに豪放磊落,ダンディーなすてきな方です。
しかし,「不戦」の部にある絵画には,そんな先生の違う一面を感じ胸が熱くなりました。

非売品ですので販売用はありませんが,いくつかの図書館,美術館に贈呈されましたので,
機会があれば,ぜひご覧いただきたいと思います。

※画像は,同画集「パリ」より  「モンマルトル」(2008年)


信教出版では,ジャンルを問わず,様々な本を出版しています。
今まで,随筆,紀行文,詩歌集,研究論文,実践記録,自分史,創作,あるいは,
紙芝居,かるた,そして今回の画集など,様々な本作りをお手伝いしてきました。
本にしたい原稿をお持ちの方,また,これから書こうと思っていらっしゃる方も
是非,ご相談ください。

大切な一冊を,心を込めて制作いたします。

(11:01)