2014年05月12日

今年のゴールデンウィークは土日にかかっていたため,
まとまった休日が2つの期間に分かれてしまい,
いつもよりお得感がやや低かったように感じた。
それでも,せっかくだからいつも行けないところへ行こうと思い,
新しいE7系新幹線に乗って,日帰りで東京に行ってきた。

当日朝のニュースで,伊豆大島近海の地震が報道され,
交通機関はどうなるのかと不安もあったが,
とりあえず長野駅に行き,確認したところ,
ほぼ平常通りに運転されていたため,東京へ行くことにした。

いちばん印象深かったことは,スカイツリーのエレベーターの静かなこと!
地上350メートルの展望デッキに上がるのに50秒ほどかかるが,
振動が全く無く,地上「○○○m」という表示がなければ,
上っているのか,下っているのか,あるいは止まっているのかさえ
わからないのではないかと感じた。
技術の進歩には目をみはるばかりである。

一方で,報道などでは,「今のこの時代にこんなことが起きるのか…」
と思わせられる出来事が起こっている。
技術の進歩はいいことだが,それを使う人間は
もっとしっかりしなければならないと感じたゴールデンウィークであった。

(N)

(14:33)