2013年06月04日

Windows XPのサポートが来年4月で打ち切られるのを受けて,
今週,パソコンをWindows7に入れ替えた。
個人的には使えるうちは何でも使ったほうがいいと思っているが,
公の場で使うマシーンは,万全のセキュリティーを保持しなければならないから
そういう意味もあって,早めに入れ替えることになった。
入れ替えにあたっては部内でいろいろ検討し,処理速度はもちろん,
新しいソフトも入れてより仕事に役立つ環境を目指した。
同時に,メールソフトも変更した。

今までは,Mozillaのサンダーバードを使っていたが,
しかし,これも開発が事実上終息するということで違うものにするという。
サンダーバードは,私の大事な手紙を伝説の鳥が大事に抱えていてくれるようで,
結構,気に入っていた。(アイコンのことです。)
それを変更するというので,なんだか悲しい気分だったのだが,
新しいメールソフトの名前を聞いて,ちょっとうれしくなった。
“シルフィード” バレエの「ラ・シルフィード」を思い出した。
軽やかで,儚げでとっても気に入った。
もともと,風の妖精「Sylph」(シルフ)をイメージして,
風のように軽快で、空気のように自然な動作を,と名付けられたということだ。
(本来のスペルは「Sylphid」だが,開発者の思い違いで「Sylpheed」と綴る。)

お笑いの向きもあるだろうけど,機械に疎い私には,かなり重要なことなのだ。

(13:53)