2012年10月29日

秋も深まり,すごしやすい気候になりました。
「スポーツの秋」「読書の秋」などと言われるように,
何をするにもいい季節です。
また,秋といえば「実りの秋」ということで,
いろいろな秋の味覚が店頭を賑わせ,
実りの秋を堪能してもらおうというイベントも
たくさん催されているようです。

私が例年,この時季になると気になるのが「そば祭り」です。
何年か前に行った戸隠のそば祭りでは,
事前に購入したそば猪口を持参すると何軒でも「振る舞いそば」が食べられる,
という企画があり,マニア(?)にはたまりません。
これは有名なので,ご存知の方も多いと思います。

この週末に行った須坂の有名な小妻屋のそば祭りでは,
乾麺のそばのつかみ取り,3分以内とり放題というイベントや,
気軽にできそうなそば打ち体験のコーナーもありました。
このほかにも,いろいろな地方の「そば祭り」があるようですので,
これからも毎年の楽しみにしたい思います。

また,「実りの秋」の代表的な果物としてリンゴやブドウなどがあります。
一年を通して,この時季にはこれが食べたくなるというものがありますが,
それを毎年食べられるということは,なんと幸せなことかと思います。
作っておられる農家の方々に感謝です。

ところが,今日の新聞に気になる記事がありました。
日本人の「果物離れ」が進んでいて,先進国の中でも食べる量は最低水準とのこと。
リンゴの消費量が減っている理由の一つが「皮をむくのが面倒」とは!
「果物離れ」だけでなく「魚離れ」「米離れ」「野菜離れ」で,
行き着く先がファストフードとスナック菓子とは!
と思いつつ,自分の生活を振り返ってみますと・・・,
かなり侵食されています。

見直せるところは,見直していきたいと思います。
(N)

(09:40)

コメントする

名前
 
  絵文字