2011年09月09日

イメージ 1

昨日,9月8日の信濃毎日新聞朝刊「斜面」で,信教出版発行『のびゆく郷土』が取り上げられた。
『のびゆく郷土』は小学生向けの社会科資料集で,
おもに4年生で長野県の学習をする際に,県内の多くの学校で活用していただいている。
善光寺で,『のびゆく郷土』を手に長野見学に来ている小学生を見かけたと,
先日信毎の方から問い合わせがあった。

今年度,改訂新版としてリニューアルした『のびゆく郷土』。
新版では,「長野見学のときに役立つページがあるといい」という編集委員の先生方の意見をもとに,
「県庁のある長野市」と題し新たなページを作成した。
イラストマップや写真を中心に,善光寺を含む長野市街地の様子がわかるようになっている。
おそらくこのページを学習してくれたのだろうと思うが,
私たち編集者は作ったものを実際に使ってもらっている場面を見る機会はなかなかないので,
持参し見学していた児童の話を聞き,本当に使ってくれているんだという思いと,
荷物としてはやや重い104ページの資料集を長野まで持ってきてくれているんだという思いで
とてもうれしかった。
わたしは5年ほど『のびゆく郷土』の担当をしているが,昨日は編集委員の先生方から電話やメールで,
「新聞見た?」「うれしいね」「よかったね」と声をかけていただいた。
たいへんご苦労いただいた先生方も喜んでくださったことがまたうれしかった。

編集の信州社会科教育研究会の先生方の手によって,昭和34年から続いてきた『のびゆく郷土』は,
今年で52年目になる。
これまでの年月のうえに今があるのだと考えると身が引き締まる思いがするが,
「斜面」で書いていただいたように,
この本で学んだ子どもたちが将来,郷土を熱く語るきっかけになってくれたら,
そして県歌「信濃の国」のように,郷土への想いをつなぐ存在になってくれたらうれしく思う。

(15:39)