2011年05月30日

平年より10日以上も早く,関東甲信地方が梅雨入りしました。
梅雨が明けて真夏の暑さがやってくるのも早まるのではないかと,
節電意識が高まる今年はなんとなく緊張して構えてしまいます。

さて,その本格的な夏を前に,信教出版では
秋冬,さらには来年度を見据えての改訂準備などを進めています。
学習書の改訂の際に,学校現場でどのような教材が求められているのかをつかむことは,
大変重要なことです。
今ある教材について,使っていただいてみての良い点悪い点,
または,こんなものがあったらいいなというご要望など,
できるだけ先生方のリアルなご意見を伺って反映させていきたいと考えています。
そのため,ときには学校へお電話させていただくこともあります。
最近も,ある教材について何件かお話を伺ったのですが,
先生方みなさんご多忙にも関わらず快く応じてくださることが多く,
大変ありがたく思いました。
具体的な提案をしてくださったり,一緒に考えてくださったり,
また,「応援していますのでがんばってください!」とおっしゃっていただいたときには,
「よし,いいものを作るぞ!」という思いが,心の底からむくむくとわいてきました。

貴重なご意見をお聞かせくださいました先生方,本当にありがとうございました。
ご期待に応え,長野県の子どもたちの力になる教材を作るために,
梅雨にも暑さにも負けずがんばりたいと思います。

(13:31)