2010年05月28日

イメージ 1

先日,家人の実家のある I 町のM神社で,
7年に一度の「御柱祭」が行われるということで,お呼ばれにあずかった。

御柱祭といえば,本家諏訪大社の御柱が有名だが,
調べたところによると,全国に諏訪系の神社は5,000以上もあるそうで,
実は私の地元にも近所に諏訪系の神社があり,御柱祭がおこなわれているのを
目にしたことがある。
おそらく,この時期,全国各地の諏訪系の神社でそれぞれに御柱祭が営まれたことだろう。

当日は,早朝から神社でイベントがあるので,早く来るよう言われていたものの
結局起きられず,到着したころには時計は10時をまわっていた。

なにやらにぎやかな音がする方へ歩いていくと,御柱を先頭に山車が何台も出て,
地元の小中学生とおぼしき女の子たちが巫女の装束で歩いていたり,
男の子が太鼓をたたいたり,馬に乗ったり,まといのような棒を持ったりしながら
大勢練り歩いていた。
日中(土曜日)の,しかも午前中からすごい盛り上がりである。

神社までの道中,ところどころで行列は止まりながら,
時間をかけてゆっくりと町内を練り歩いていく。
山車と一緒になって歩いていく人々をよく見ると,いくつかグループがあるらしく,
みなさんそれぞれに「奉賛会」「木遣」などとプリントされた
おそろいのTシャツやハッピを身にまとっている。

大人も子どもも大変楽しそうであり,7年に一度の一大イベントを
心から楽しんでいるように見える。
大人はそれぞれに役割分担がされていて,交通誘導,写真係,山車の係,
子どもたちを取りまとめる係,御柱を曳いていく係など,
しっかりと組織化がされていて,老いも若きも大変まとまりがあったことが印象に残った。

以前に,この地域でのほかのお祭りを見物したときにも感じたが,
I 町の人々は非常にお祭りや伝統行事を大事にする。
一方,私の地元では,たいていお祭りの役員とか,
神社の氏子とかいった役回りはできるだけ避けて通りたいという人が多いのだが,
ここでは正反対のようで,以前家人から聞いた話だと,
お祭りの役に就けなかった人がそれを不服に思い,
役を得た人と殴り合いの喧嘩になったということがあったそうである。

まあ,殴り合いは行き過ぎだが,それだけ地元を思う気持ちが強いということだろう。

ここまで夢中になれる地元の伝統行事があるということは,
ある意味うらやましいことである。
今後も残念ながら少子化の傾向は続くだろうけれど,
子どもたちにも地域の行事を大事にしていってほしいと思った一日であった。


TY

(17:38)