2010年01月29日

信教出版部ホームページのトップにも掲載されていますが,
今回は私が担当させていただいた,新しい自費出版の本を紹介したいと思います。


越 正行 著 『学校歳時記 学校の四季』


著者の越先生は,長い間学校の先生をされてきた方です。
先生をされる中で書きためてきた俳句とエッセイを一冊の本にまとめたいということで,
自費出版の依頼をいただき,制作させていただきました。
トップページの紹介文にもありますが,170句にもなる俳句とエッセイは,
読んでいると,生き生きとした子どもたちや学校の四季のようすが,
本当に目の前に浮かんでくるようです。
俳句というと,少しとっつきにくく思われるかもしれませんが,
身近な学校のようすが題材ですので,堅苦しい感じもなく読んでいただけると思います。


俳句の中に,少しひねくれてしまった女の子を「ねじ花」に例えた句があります。
「ねじ花」というのは花の一種で,薄ピンク色の小さな花が集まって穂のようになって咲くのですが,
その穂が螺旋状にねじれている花なのだそうです。
その句に続くエッセイの最後を,越先生は次のように結んでいます。

「でもこの子,きっと自分の花,すてきに咲かせていく。
 今はちょっとねじれているけれど,薄ピンク色の小さな花,ねじれていてもすてきです。」


担当させていただき,原稿の段階から何度も文章を読ませていただく中で,私が感じたことは,
こんなふうに子どもたちを見つめる,越先生の柔らかくまっすぐな視線でした。
学校で,たくさんの先生たちが毎日こんなふうに子どもたちと向き合っていることを知ってほしい,と,
著者の越先生もおっしゃっていましたが,
学校の先生だけではなく,お子さんをおもちのお父さん,お母さんにも,
是非読んでいただきたいオススメの一冊です。



自費出版のため,限られた部数ではありますが,ご注文を承っております。
興味をもたれた方は,ぜひしんきょうネットへご注文ください。

越 正行 著 『学校歳時記 学校の四季』
A5判 320ページ 上製 カバー装
定価1500円(税込)

(19:05)