2009年11月09日

最近,急に寒くなってきたなあと思っていたら,気がつけばもう11月。
今年もあと2ヶ月をきってしまいました。
確か,前回この編集日記を書かせていただいたのが8月で,
「只今冬休み帳制作中です」というようなことを書いた記憶がありますが,
その冬休み帳もとっくに発行されて,今まさにご注文受付中。
あっという間すぎてびっくりです。

冬休み帳はまだまだご注文受付中ですので,
今年も是非,たくさんのご採択をよろしくお願いします!


そんな11月の,今日11月9日は,読書週間の最終日です。

読書といえば,今年もそろそろ『ひろがる読書』の制作が始まる時期になりました。
毎年,長野県図書館協会小中学校図書館部会が主催されている,
「長野県読書感想文コンクール」の金賞作品集で,
協賛各社((株)長野県教科書供給所,(株)しんきょうネット,信教印刷株式会社)のご協力を得て,
信教出版部で発行しているものです。
県下から選ばれて集まってくる児童生徒のみなさんの読書感想文,
その中でも金賞に輝いた作品だけあって,毎年毎年力作ぞろい。
活字離れなんていわれているけれど,
みんな泣いたり笑ったりしながら,ちゃんと読書を楽しんでいるじゃないか,と
そんなことを思わせてくれるような,力作ばかりです。

『ひろがる読書』は残念ながら非売品ですが,
毎年,県立図書館や各学校の学校図書館へ寄贈させていただいています。
今年度のものも,2月末に発行予定です。
もし見かけたら,ぜひ手にとってご覧になってみてください。


ところで,読書週間。
みなさんは,何か本を読まれましたか?
私は最近,相田みつをさんの詩集を読み始めました。
文字の数は少ないですが,
ことばの奥深さや,ことばの持つちからに触れられる,
とても素敵な一冊でした。

(18:25)