2008年02月29日

イメージ 1

先日,スノーボードをしに白馬村へ行ってきた。
これまでは家から近いこともあり志賀高原へなんとなく行っていたが,
今回友人が白馬へスキーに来るというので,初めて白馬で滑ることになった。

友人は名古屋と香川から。
前から思っていたのだが,わたしのようなあまり雪山に慣れ親しんでいない長野県民よりも,
遠く離れたところからやってくる人の方が,はるかにスキーがうまいことが多い。
そして何より滑ることに対して貪欲である。
遠くから時間とお金をかけてやってくるので,
「せっかく来たんだから!」という気持ちがあるのは当然で,
それが上達にもつながっているのだろう。
わたしはというと,なんと4年ぶりのボード。
行こうと思えばいつでも行ける,なんて思ったまま4年が過ぎてしまった。
「もう板のはき方もウロ覚えだし,ちゃんと滑れるだろうか…いや,リフトから降りられるかどうか…」
と,不安が胸に渦巻いていたが,いざゲレンデに立ってみると,思いのほか普通に滑れていて,ホッ。
自転車に一度乗れるようになると,しばらく乗らなくても乗り方を忘れない,
というのと同じことなのだろうか。

写真は,これから滑り降りようとしている場所からで,奥に見えるのは青木湖。
雪やコースはもちろん,大自然の景色も素晴らしい冬の白馬であった。
…翌日から一週間続いた筋肉痛と打撲痛を除けば…。


友人のうち一人の実家が白馬にあり,泊めてもらった。
彼女のお父さんによると,世間で言われているように,
白馬村はやはり一時期に比べるとここのところ元気をなくしているようだ。
新たに外国人観光客の誘致に力を入れ,訪れる人も増えつつあるが,
そうなると地元ではまた新たな問題も出てきているという。
観光業だけに力を入れるのではなく,商業・工業も一緒になって同じ方向をむいていくことが,
これから村がもっとよくなっていくためには大切ではないか,という話であった。

村の未来を心配するあまり,お酒も入ってグチや嘆きめいてきたお父さんだったが,
「これだけの大パノラマを持ったスキー場って,世界中探してもなかなかないと思うなあ」
という言葉に,白馬を誇りに思う心が感じられた。

(09:42)