2007年09月07日

文化庁などの主催で全国7箇所で実施されている「著作権セミナー」,
先週山梨県で開催され,出版部から若人3名(単純に下から3人という意味です…)
が参加させていただいた。

著作権の保護は,100年以上も前から国際的に行われているものであるが,
昨今の急速な「情報化」の動きにより,多方面で注目を集めている。
デジカメやパソコン,インターネットなどの普及により,
かつては「一部業界の一部のプロ」だけが持っていた
著作物などの「創作手段」「利用手段」が爆発的に普及し,
「一億総クリエーター」「一億総ユーザー」という時代になりつつあるとのこと。
国では,すべての人々が著作権について必要な知識を持てるように,
簡単に利用できるシステム作り,ルール作りを進めているそうである。

講義を受けてみると,「著作権」といっても,
例えば「著作者人格権」「実演家人格権」「著作隣接権」というような
さまざまな権利によって構成されており,
また,さまざまな条件や契約内容によって,
どのように保護されるのかされないのか変わってくる,ということがわかった。
今回基本的事項を学び,問題意識を高めることができたように思う。
編集の仕事をするわたしたちは,著作権とは常に関わりあう関係である。
適切な対応がとれるよう,勉強を重ねながら仕事に取り組みたいと思う。



余談ですが。
会場が甲府駅から車で30分ほどの笛吹市内で,午前10時開講,
というスケジュールであったため,長野市外に住むわたしは,
高校文化祭準備のとき以来の始発電車に乗り,一日がかりの出張であった。
若人2人と合流してからの往路復路は,山梨談義などしながら
ときには風林火山饅頭(?)を食べ,楽しく時間が過ぎていったのだが,
帰り1人になって電車で座ったとたん,フッと意識が遠のいていった。
そして数十分後…
目を覚ますと,電車はわたしの降りるべき駅のホームをゆっくりと離れ
加速していくところであった。
終点で駅員さんに揺り起こされるという最悪の事態こそ回避したが,
腫れ気味のまぶたで乗り越し金を精算するわたしは,
どう見ても寝過ごし客の風貌であったと思われる。
長い一日であった…。

(13:35)