2007年05月28日

これはもうだいぶ前の出版物になってしまいますが,昭和63年に出版されたこの本は,
当時県内の学校で教職についていらした両角徹郎先生と両角源美先生が,共著で書かれた本で,
文字どおり信州のけものに関するお二方の研究の成果が収められています。

ある日,出版部の倉庫を掃除していて目についたこの本に興味をひかれ,手にとってみました。

この本の内容を見てみると,なんといっても圧巻はネズミに関する部分です。

なんでもこのお二人の先生方の専門分野は,ネズミだそうで,本書においても前半のほとんどの部分を
ネズミに関することに割いていらっしゃいます。

もちろん,そのほかの動物のことも詳しく紹介されており,たとえばカモシカ,アナグマ,イタチ,
タヌキ,ツキノワグマ,ニホンザル,ノウサギなど,われわれの身近にいて大変興味深い動物の生態や,負傷した動物を,実際に学校で児童と一緒に看病・飼育したときのエピソードなどが満載です。

著者のお二人は,普段は県内の小中学校で教員としてお仕事をされるかたわら,休みの日を利用して
野山に出掛けたり,早朝からフィールドワークに出掛け,出勤前に観察をするなどして,野生の動物の
研究に没頭されていたそうです。

夏冬問わず山の中に分け入り,動物の足跡の追跡・調査,糞の採集,サンプルの解剖,地元の人への
訊きこみ,各郡市の動物の研究をされている先生方との協力で,大規模に調査を行ったりと,それは
ものすごい苦労だっただろうと推察されると同時に,お二人の先生方の情熱・パワーに感服する
思いです。

お二人は,野生動物に対して感心・興味があったことはもちろんですが,
『教える立場の者こそ学ばなくていけない』
という信念のもと,日夜研究に励んでいらしたそうです。私は教える立場にある者ではありませんが,
このことばには大変感銘を受けました。

このように,この本は先生方の血と汗の結晶とも言える研究の成果がたくさんつまっており,先生方が
実際に研究した,信州のけものたちの生態について大変詳しく書かれていますが,いかんせんこの本が
出版されてからはや19年・・・。
けものをとりまく環境もだいぶ変わってしまい,かれらの生態も少なからず変化していることでしょう。


地球温暖化,CO2削減等叫ばれる今日,我々一人ひとりが心掛け,信州のけものたちを守っていかなくてはと思います。


『信州自然科学シリーズ6 信州のけものたち』
両角徹郎 両角源美 著 (1988 信濃教育会出版部)

ご注文は(株)しんきょうネット までどうぞ
http://www.shinkyo-net.co.jp/



TY

(17:23)

コメントする

名前
 
  絵文字