2006年11月17日

先日,平成18年度北信地区事務職員研修会という会に参加させていただいた。

なかなか普段お行き会いすることのない,北信の各教育会の先生方とお会いし,
各教育会の情報や,長年信州の教育界で活躍されてきた先生方の,
含蓄の深いお話を伺うことができ,大変勉強になった。
ホテルでの宴席の後も,信濃教育会の某先生,しんきょうネットの某所長と3人で,
遅くまでお酒を飲みながら,色々なお話を聞けて大変実りの多い会だった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


上の信濃教育会の某先生もそうなのだが,先生という人種は本当にパワフルで元気のいい方が多い。

以前,このブログでも書かせていただいたが,私の担当させていただいている
道徳資料集の編集委員の先生方も,日頃の校務のほかに,それこそ余暇の時間も惜しまず,
寝る時間も食事の時間も惜しまずというくらいの熱意でもって資料を整理し,原稿を書き,
委員会の席では口角泡を飛ばしながら盛んに議論し,委員会の時間が終わっても,
立ったままでいつまでもお話をされているという先生が多かった。
そういう姿を見る度に,頭の下がる思いだった。

それにしても,先生方のあのパワーは一体どこからくるのだろう?
頭を使い,体を使い,気を遣う教師という商売は,相当に大変な職業だろうと思うのだが。


我々出版部も負けていられない。

日々過ごしていると,つい自分はとても忙しくて,大変なことをしているような気になってしまい,
余裕がなくなってしまう時もあるけれど,そんな時はパワフルで情熱的な
あの先生方のことを思い出して,いつかは自分も誰かにパワーを分けてあげられるような
人間になりたい,と殊勝なことを考えた。


もうじき信州は,雪が降ります。

            TY

(18:00)