2020年01月

2020年01月10日

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

  『凪のお暇』を発端にした文章の後,「長のお暇」になってしまいました。いつもブログを書きながら,読んでくださっている方がいるんだろうか,と思っていましたが,「近頃ブログはどうしたの」と言ってくださる方が何人かいて,ちょっとうれしい気持ちになりました。

 休止したわけではなかったのですが,ブログのお引越しがあり,新しい方法が億劫で何となく更新できずにおりました。年が明けたらと思っていましたが,習慣とは恐ろしいもので,順調に更新していた時は書けたものが,少し間を開けた途端,何を書いたらいいんだろう状態になってしまい,今頃の新年のご挨拶になりました。

 長々と「長のお暇」の言い訳をしましたが,そうこうしているうちに,信教出版は,令和2年度の小学校新教材の仕上げの時期を迎え,今まさに佳境という状態であります。この時期にどんな風に仕事に取り組むかが,仕上げを左右するといってもよいと思います。今回は,この忙しさを予想してスタッフ全員,インフルエンザの予防注射をしたせいか風邪をひく者もおらず,それぞれ真摯に仕事に取り組んでいます。

 長く使っていただいている,長野県のスタンダードとも言える教材の改訂版,そして,学校現場のご意見・ご要望から企画立案した新教材。ここを乗り切って,早く先生方,児童の皆様にお届けしたいとわくわくしています。

 この間,長野県は,台風19号による大きな被害を受け,学校も,先生方や児童生徒の皆さんの中にも,そしてスタッフの中にも被災した人たちがいます。信教出版も,信教出版の販社であるしんきょうネットも,学びの場が少しでもスムーズに動くようにそれぞれできる限りのことをさせていただいておりますが,以前の日常に戻るには,まだまだ時間がかかることと思います。

 少子化の問題,デジタル化への対応,はたまた地球温暖化などなど,枚挙にいとまがないような問題をはらんだ一年の幕開けではありますが,自分でしっかり考えることができる子どもたちが希望ではないかと思います。大げさですが,そんな教育の一端を担っているという自覚をもって,今年も前進してゆきたいと思います。



(17:35)