2020年07月10日

信濃教育会編集,信州教育出版社発行の『理科の教室』が,まもなく発刊の運びとなります。本誌は,長野県の小学校で行われた理科に関する実践事例が紹介されている冊子で,毎年長野県内の小中学校にお送りしています。

今回の第96号は,先生方の理科に関する実践紹介に加え,弊社発行の理科教科書の監修を務めてくださっている,信州大学名誉教授 村松久和先生からも,原稿を寄せていただきました。「どのような理科教員を育てるか」と題して,信州大学教育学部での理科教員養成の取り組みについて紹介されており,卒業生には「理科の伝道師」になることを期待するとしています。


「理科の伝道師」というユニークなことばが印象に残ります。特に小学校段階の理科の学習を考えてみると,高度な専門的知識というよりは,むしろ理科の観察・実験の楽しさを伝え,子どもたちの理科への興味・関心を引き出して裾野を広げていく,ということが先生方に求められるのではないかと思います。

リチウムイオン電池に関する研究でノーベル賞を受賞した旭化成名誉フェローの吉野彰さんは,小学校4年生のときに読んだ本がきっかけで理科を好きになり,研究者となったことが話題となりました。そしてその本を薦めたのは,大学で化学を学んだ担任の先生だったそうです。

その先生はおそらく自分でも化学の実験の楽しさを身をもって体験しており,吉野さんの特性を見抜いてそれに合致する本を紹介したのだと思います。吉野さんはそれによって理科の楽しさに目覚めたわけですから,まさに吉野さんにとって,その先生は最初の「理科の伝道師」であったのだといえます。時に,一人の先生のことばが,児童・生徒の人生を変えるきっかけになることもあります。先生方の役割は,とても大きいのだな,と思いました。


その吉野さんが読んだ本として一躍有名となったのが,マイケル・ファラデーの『ロウソクの科学』です。私もせっかくなのでざっと読んでみましたが,その原著は150年以上前に出版された古典であるため,難解でとっつきにくい部分がそれなりにありました。正直なところ,「これを小学4年のときに読んでしまうあたり,やっぱりノーベル賞受賞者の頭の構造は違うな。」と思ったのが率直な感想ではあります。

それでも,1本のロウソクを題材にしながら,熱による状態変化や上昇気流,ロウソクの芯の毛細管現象や燃焼による化学反応などにつなげていき,私たちにも身近な存在であるロウソクが燃え続ける不思議を掘り下げていくという構成は,さすが古典的名著だなと思わせる内容でした。


理科では,「なぜ」「ふしぎ」という身近な疑問から学習がはじまります。自身の経験や足元の自然とのふれあいを入り口にして,その根底にある科学の本質へと考えを深めていく試みは,長野県の理科の先生方も,日々の授業の中で実践しておられることでしょう。

『理科の教室』は,そうした先生方の足元の実践が紹介されています。4年の「ものの温度と体積」,5年の「もののとけ方」のほか,新しい学習内容である3年の「音のせいしつ」や,6年のプログラミング学習の実践も紹介されています。こうした実践報告を通して,理科に興味をもってくれる長野県の子どもたちが一人でも増えることを願っています。

私たち出版社は,「理科の伝道師」となることはできません。しかし,先生方にお役立ていただける教材や書籍の発行を通して,微力ながらも1本のロウソクのように,長野県の子どもたちの心に「火を灯す」ためのお手伝いができればと思っています。


今年は『理科の教室』に加え,『ふるさとの大地増刊号』も合わせて各学校にお届けします。
お手元に届きましたら,手に取ってお読みください。



(10:59)

2020年06月26日

 今週の金曜日で,新型コロナウイルス感染症対策にともなう緊急事態宣言が解除されてから1か月が経過しようとしています。また,先週の19日には,道府県への往来について「原則として自由」へ切り替わりました。これによって,先月と比べて,街に出る人,道路を走る自動車の流れなどがとても増えたと感じます。しかし,毎日,新規感染者は出ていますので,油断ができない状況は変わっていません。引き続き,手洗い・うがい・マスクは欠かせなく,個々の人たちの良識ある行動が求められていると思います。
 私自身も,ここ2か月ほど趣味の釣りは「自粛」しています。例年なら,毎週末は必ず県外や,県内においても高速道路を使う遠方へ釣りに出かけているのですが,行く先々で立ち寄るコンビニ,休憩所など様々な感染リスクが存在する以上,たとえ屋外での活動が主体であっても行くことに不安があります。せっかく,今年使うために購入した道具も釣り券も,使うことなく押し入れにしまったままですが,釣り場は逃げるわけではないので,もう少し状況を見ながら行動していきたいと思います。
 仕事も徐々にではありますが手を付けて,令和3年度に向けて動いています。このまま新型コロナウイルスによる感染拡大が収束に向かっていくことが望ましいのですが,各方面から注意喚起されている第2波,3波が到来することについて常に頭の片隅に置き,もしものとき,自分自身がブレーキにならないようにしていきたいと思います。


(13:20)

2020年06月04日

早いもので,今年度が始まってから早2か月が過ぎました。
今年の2月ごろから新型コロナウイルスの感染拡大が日本でも始まり,3月初めからは学校現場も突然の臨時休業となりました。学校だけでなく,会社やお店も営業自粛を迫られる業種が出たり,日々の生活においても手洗いや消毒,マスク着用の励行,外出,移動の自粛が求められるなど世の中全体がかつてない日常を経験することとなりました。
5月末をもって緊急事態宣言が解除となりましたが,私の周りでも,学校で失われた授業時数をフォローするために「今年は夏休みが短くなるらしい」とか「中学校はしばらくの間7時間授業になるらしい」とかいろいろな話が聞こえてきます。学校の先生方におかれましては,毎日対応に追われて本当に大変な日々をお過ごしかと存じます。
そんな中ではありますが,現在,信濃教育会編の『夏休み』が販売中です。
昨年度より編集作業が行われていましたが,今年度は新しい教科書に対応した大改訂版となっています。今回も長野県の学校現場の先生方が知恵をしぼり,教科の学習だけでなく地域の行事や楽しい工作なども収録して,長野県の子どもの実態に沿った休み帳に仕上がっています。
今回は,コロナによる臨時休業のため通常どおり授業を行うことができず,いつものように夏休み帳を使うことが難しいという声もあるかもしれません。
そんな場合は,次のような活用法が考えられます。
・事前に児童に渡し,夏休み前後の授業の予習・復習用として活用する。
・夏休み中に補習授業が行われる場合は,補習授業の中で活用する。
・1学期末までの範囲で未履修の内容があり,夏休み期間内にできないページがある場合は,授業内容を定着させるための家庭学習用として活用する。
今年も『夏休み』をどうぞよろしくお願いいたします。
いつも以上に大変な学校現場とは存じますが,私たちは少しでも現場のお役に立ちたいと考えています。ご不明な点,ご要望等ございましたらぜひご連絡ください。

TY



(11:46)