2021年06月04日

「本棚を見れば,その人がわかる」ということばがあります。どんな本を読んでいるのかを見ることで,その人の興味・関心や好み,どんなことを大切にしているのか,などを読み取ることができるというわけです。

しかし現代なら,スマホやタブレットのデータを見ることで,本棚を見るよりも何倍も詳しく,その人のことがわかってしまいます。例えば,インターネットの閲覧履歴を見れば,その人がいつどこで何をして,何を買ったか,どんなことに悩んでいるか,どんな趣味があるのか,何を知りたいのか……ということが,かなりの精度でわかります。

今や,日々いろいろなところで私たちのデータが蓄積されています。こうしたデータは,ネット広告や,ショッピングサイトのおすすめ商品の提示といった仕組みなどに活用されています。例えば,「この人は高級化粧品に興味がありそうだな」と判断されれば,いろいろなところで高級化粧品がおすすめされるようになる,というわけです。

デジタル社会の昨今では,データは新しい天然資源なのだ,と言われることもあります。
そのくらい,私たちのデータというのは,多くの可能性を秘めている貴重な存在なのです。

4718049_s


教育の世界でも,ICT機器が積極的に導入され,先生はもちろん,児童生徒にも一人一台のタブレットPCが導入されつつあります。それに伴い,教育現場でも様々なデータが蓄積されるようになっています。

そうなれば,当然そうしたデータを活用していこう,という動きが出てきます。

令和3年3月には,「教育データの利活用に関する有識者会議の論点整理(中間まとめ)」が出されました。そこには,児童生徒の学習面や生活・健康面のデータや,教師の指導・支援のデータを取ることで,児童生徒の状況の変化を捉えてつまずきを早期に発見する,授業改善や生活指導に役立てる,保護者への情報提供や学校経営の充実化を図る,などの活用例が示されています。

少し抽象的でわかりにくいですが,データというのは,教師が子どもを見るための新しい「目」になり得るものである,と私は捉えました。

先生方は,もちろん自分が担当する児童生徒のことをよく見ていらっしゃるでしょうし,それぞれの学習状況や特性なども把握されていると思います。
それに加えて,一人一台のタブレットと学習履歴などのデータがあれば,より多くのことがわかるようになります。紙のノートでは,先生がクラス全員のノートを同時に見ることはできませんが,タブレットであれば,全員のノートを同時に見ることはもちろん,ログを取ることで全員の思考のプロセスを追うこともできます。従来の授業ではなかなか見えなかった児童生徒の考えの変化や,学習のつまずきなどにも気づけるようになるかもしれません。

ある先生から,「いい教師は『目』が違う」と教えてもらったことがあります。

子どもが発言しているとき,あえて発言していない子どもにも目を向ける。目立つ子どもだけを見るのではなく,目立たない子どもにも目を向ける。普段の生活の中に見える,行動や表情,話すことばの変化に目を向ける。

こうした先生の「目」に加えて,データによる教師の第三の「目」が加わることで,より視野を広く,子どもをひとりひとりしっかり見ることができるようになります。データによって,さらに児童生徒に対して個別化された指導ができるようになれば,児童生徒にとっても,学校現場にとっても,夢がある話ではないでしょうか。


こうしたデータの利活用は,よい面もある一方で,プライバシー侵害や,本人が望まない形でのデータ利用が問題になることがあります。

例えば,大手就活サイト「リクナビ」の事例があります。就活学生のネット閲覧履歴などをもとに,応募学生が内定を辞退する可能性を予測し,そのデータを採用側の企業に販売していたという問題です。

選考を受ける本人からすれば,自分の知らない間に恐ろしいデータが提供されていたことになります。もし,採用担当者が,目の前の学生に対して,「この人は,内定を辞退するかもしれない」とデータで示されたら,どうなるでしょう。合否に影響した例はなかったという調査結果が出ていますが,採用担当者の心情に本当に影響がなかったのかどうか,それを証明することはできません。

結局このサービスは,個人情報保護委員会と厚生労働省から行政指導を受けるなど大きな批判を受け,サービスの停止に追い込まれました。

こうしたことが,教育界に起きないようにしなければなりません。

先に述べたように,これから積極的に蓄積されていくであろう教育にまつわるデータは,先生方の第三の「目」となり得ます。確かにそこには,大きな可能性があります。

しかし,やはり最後は,先生自身の「目」が優先されるべきだと思うのです。データによって,その目に色眼鏡をかけられるようなことは,あってはなりません。


b_simple_8_1S


さて,弊社も一人一台のタブレットで使える,学習者用デジタル教科書を発行しています。

教育データの利活用という取り組みにも,いずれは目を向けていくことになるのかもしれませんが,そうした先進的な動向だけにとらわれず,長い目で本質を見極めていきたいと思います。地域に根差した出版社として,まずは先生方の足元の現場の実践をもとに,より使いやすいデジタル教科書を令和6年度に発行できるよう,制作を進めてまいります。

とはいえ,日進月歩のデジタル社会を相手に,悠長なことは言っていられません。GIGAスクール構想や学習者用デジタル教科書実証事業などによる学校現場の変革によって,教育のICT化の取り組みが大きく注目されるようになっています。

「人目を奪う」変革期。私たちにとって,「目が離せない」状況が続きそうです。



(20:09)

2021年05月24日

先日,気象(気温,降水量等)や天候(冷夏,暖冬等)を評価する基準として用いられる「平年値」が,1991~2021年の観測値による新しいものになったことを新聞で知りました。
この新しい平年値は,旧平年値と比べて何が違うのかというと,
年平均気温は全国的に0.1~0.5℃高く,降水量は季節によって多くの地点で10%ほど多くなるようです。
また,桜の開花についてもほとんどの地点で1~2日早くなるようで,
これらの要因には,地球温暖化や都市化(ヒートアイランド現象)の影響があると考えられています。
私の担当している社会科教材を制作する際において,
平年値は,地理分野の「雨温図」を作成するときに参考にしますが,
今後は,新しい基準に合わせて設問が作成されるように委員会の資料等を準備していきたいと思います。


新学期が明けてもうすぐ2か月が過ぎようとしています。
昨年度は,新型コロナウイルス感染症対策による緊急事態宣言を受けて,全県で休校が目立っていたのですが,
今年度は,「学校の新しい生活様式」に沿った感染症対策が行われ,休校せずに学校生活が送られています。
また,GIGAスクール構想の実現による学校現場のICT化も急速に進んでいるようで,各教室にWi-Fiが整備され,授業等でタブレット端末等が活用されていることを耳にするようになってきました。

信教出版では,ICTを活用した教材として,
今年度の中学校新学習指導要領施行に合わせて改訂した『Listening Work』や,小学校の『算数チャレンジ学力調査』がお薦めの教材としてあげることができます。
お薦めの理由は,どの教材も子どもたちが確実に力をつけることができる構成になるよう内容を充実させていることや,初めての方も安心して使うことができるシンプルなウェブページであることが言えます。
その他にも,弊社教材等を使った授業をサポートするコンテンツがそろったウェブサイト「信教出版EDU-TREE」もお薦めです。

今後の授業計画や自学自習用の教材に,ご検討をいただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

※教材のお求めは,株式会社しんきょうネット営業担当までお願いいたします。



(10:12)

2021年04月30日

新年度がスタートして早1か月が過ぎようとしています。昨年以来,コロナの流行はいまだに収束の気配を見せない中ではありますが,皆さんそれぞれに新しいスタートを切って日々張り切って過ごされているかと思います。

さて,弊社では昨年度,小学校の新しい学習指導要領の本格実施に合わせて,5,6年生向けの英語教材『フォニックスとペンマンシップ』を世に送り出しました。

「フォニックス」というと,あまりなじみのない方もおられるかと思いますが,フォニックスとは英語の文字の綴りと発音の間にある法則を学ぶことです。例えば,日本語では「あ」という文字の名前は「あ」であり,「あ」がもつ音も同じく「あ」ですが,一方でアルファベットの「A」は,文字の名前としては「エイ」ですが,音は「ェア」となり,名前と音に違いがあります。ほかのアルファベットにも同様に名前と音がありますが,この教材ではアルファベットの綴りと音の法則(フォニックス)に着目し,筆記の練習をしながらアルファベットの音も理解することで,英語の綴りとともに正しい発音を身につけたり,英語が聞き取れるようになったり,初めて見る単語でも読めるようになったりと,のちのちの英語学習にも効果が出ることを願って作られています。

教師用付録CDがついており,ネイティブスピーカーによる音声が収録されていますので,発音に自信がない先生でも安心です。軽快なリズムに乗って楽しくフォニックスの練習ができるトラックもありますので,児童と一緒にノリノリで練習したり,授業の冒頭のウォーミングアップとして使用したりすることもできるのでおすすめです。

もちろん筆記の練習という点においても,書き順の例にしたがって4線の上に繰り返しアルファベットを書くことにより,美しく正しい筆記が身につくように工夫されています。また,巻末にはなぞり書きや自由練習ができるページが豊富に設けられていますので,単語や英文の充実した筆記練習も可能となっております。

『フォニックスとペンマンシップ』,ぜひ弊社HPで詳細についてご確認ください。

http://www.shinkyo-pub.or.jp/text/tc0031.html


TY



(16:40)