2019年06月07日

 先月から地元の松本市を離れて長野市へ引っ越してきました。
 以前も一人暮らしをしていたので,家事や自炊等身の回りのことを全て自分一人でこなすことに問題はないのですが,新しい生活,環境に慣れるには時間がかかりそうだなと感じています。改めて家族のありがたみをひしひしと感じています。
 移住して早一か月。休みの日の午前中は洗濯や部屋,トイレ,お風呂の掃除で瞬く間に時間が過ぎていってしまいます。
 それから食事に関しては,決して上手には作れませんが,料理が好きなのと食費の節約のために自炊をするよう心掛けていて,休みの日も今はなるべく外食は避けています。
 そんなこんなで現在は休日も新生活に慣れることに精一杯な状態ですが,少しずつ楽しみながらやっていきたいです。落ち着いてきたら周辺をお散歩したり,善光寺さんへお参りに行く等リフレッシュしたいなと思っています。

 これから私の苦手な夏がやってきます。
 例年「季節外れの暑さ」というワードが飛び交い,先週はまだ新緑の時期で花々が美しく咲き乱れる5月にもかかわらず,全国的に平均気温が30度以上の真夏並みの暑さを記録した日がありました。
 「今年の夏はどうなってしまうのだろう…」と今からとても不安な気持ちで一杯ですが,水分補給をしっかりして食事も栄養が偏らないようにバランスよく摂取し体調を崩さないよう乗り切りたいです。皆様も体調にはくれぐれもお気をつけください。


(12:28)

2019年05月24日

 5月も終わりに近づいてきましたが,私のゴールデンウィークについて少しだけ書きたいと思います。

 今年のゴールデンウィークは,10連休の大型連休になりました。私もしっかりお休みをいただき,年末の大掃除並みに部屋の片づけをしたり,友人と会ったり,旅行に行ったりと,有意義に過ごすことができました。

 旅行は,母と12日で東京に行ってきました。ゴールデンウィークということもあり,どこに行っても混んでいましたが,いろいろな観光名所を巡ったり,おいしいものを食べたりして満喫してきました。
 1日目がちょうど改元の日だったのですが,夜になると東京スカイツリーがその日限定で日本国旗の色にライトアップされていました。あいにく雨が降っていて,雲がかかったりしていたのですが,少しの間見ていると雲が流れて,全貌を見ることができました。今回の旅行の思い出のひとつです。

イメージ 1

 
私は長野県以外で生活をしたことがないので,たまに東京のような都会に行くと,様々なことに驚き,感心してしまいます。「10両もつながった電車が数分おきに来るなんてすごいなあ」とか,高層ビルを見上げて「このビルはいったい何階まであるのだろう? この中にどれだけの人がいるのだろう?」など…。(田舎者丸出しで恥ずかしいですが…。)
 普段過ごしているところとは違うところに行ってみたり,新しいものに触れたりすると,多くの刺激を受けます。それは自分の内面を豊かにすることにもつながるのかなと思います。今回の東京旅行でも,多くの刺激を受けて,いい経験になりました。
 休みの日などは家にこもりがちな私ですが,たまには行ったことのないところに行って,いろいろなものを見て,もっと自分の内面を豊かにしていきたいと思いました。
 
 さて,だんだん気温が上がってきて,今年の夏の暑さも心配になるこのごろですが,体調を崩さないように気をつけていきたいと思います。

(16:01)

2019年05月17日

 戦国時代を舞台にした歴史小説を好きになるなんて,思ってもみないことでした。
 人物関係も地理も事件もよくわからず,途中で挫折するに決まってる。そう決めつけていたので,手に取ることもしませんでした。
 
 心境の変化は昨年の秋ごろ。調べ物をしていて,たまたま戦国時代のお城や合戦,武将について詳しく書かれた本を2,3冊読んだことがきっかけでした。そのあと,ほんの気まぐれで,歴史小説に手を伸ばしてみました。すると
 
「あれ? なんとかわかる……。」
 
 長編で時間はかかりましたが,最後まで挫折することなく,しかも夢中になって読んでしまいました。「歴史小説=私にはムリ」と決めつけるほどハードルが高かったのに,とにかく一冊読み切れたことが,自分にとっては新鮮な驚きでした。
 
 なぜ「ハードル」を越えられたのかと考えると,下地となる情報が少しだけ増えていたからではないかと思います。それまでの私は,教科書に出てくることを知っている程度。けれど,先に戦国時代に関する本を数冊でも読み,武将や合戦やお城,当時の勢力関係などにほんの少しだけ詳しくなったおかげで,読むことに耐えることができたのです。
 
 それからは,自分でも信じられないくらい興味がわいてきました。
「同じ武将でも合戦でも,作家さんの数だけ表現の仕方があるんだなぁ!」
「関ケ原の戦いのシーンって,布陣が絵でわかる資料を手元に置いて読むと,よくわかる!」
「物語の中で××という武将が,あんなふうに考えて失敗して後悔していたな……これはいつの世にもあてはまりそうだから,自分も気をつけよう。」 
 
 ささいなことですが,これらを通し,「自分は〇〇には全く興味がない」と決めつけるのはまだまだ早いと思いました。また,なにか問題にぶつかったとき,それを解決できないのは,もしかしたら下地となる情報や知識が足りていないからではないかと立ち止まって考えてみようと思いました。
 
 さて,10連休となったゴールデンウィークも終わり,いよいよ今年度の業務が本格化していきます。体調とスケジュールの管理に気をつけ,乗り切っていきたいと思います。


(16:39)