2020年06月04日

早いもので,今年度が始まってから早2か月が過ぎました。
今年の2月ごろから新型コロナウイルスの感染拡大が日本でも始まり,3月初めからは学校現場も突然の臨時休業となりました。学校だけでなく,会社やお店も営業自粛を迫られる業種が出たり,日々の生活においても手洗いや消毒,マスク着用の励行,外出,移動の自粛が求められるなど世の中全体がかつてない日常を経験することとなりました。
5月末をもって緊急事態宣言が解除となりましたが,私の周りでも,学校で失われた授業時数をフォローするために「今年は夏休みが短くなるらしい」とか「中学校はしばらくの間7時間授業になるらしい」とかいろいろな話が聞こえてきます。学校の先生方におかれましては,毎日対応に追われて本当に大変な日々をお過ごしかと存じます。
そんな中ではありますが,現在,信濃教育会編の『夏休み』が販売中です。
昨年度より編集作業が行われていましたが,今年度は新しい教科書に対応した大改訂版となっています。今回も長野県の学校現場の先生方が知恵をしぼり,教科の学習だけでなく地域の行事や楽しい工作なども収録して,長野県の子どもの実態に沿った休み帳に仕上がっています。
今回は,コロナによる臨時休業のため通常どおり授業を行うことができず,いつものように夏休み帳を使うことが難しいという声もあるかもしれません。
そんな場合は,次のような活用法が考えられます。
・事前に児童に渡し,夏休み前後の授業の予習・復習用として活用する。
・夏休み中に補習授業が行われる場合は,補習授業の中で活用する。
・1学期末までの範囲で未履修の内容があり,夏休み期間内にできないページがある場合は,授業内容を定着させるための家庭学習用として活用する。
今年も『夏休み』をどうぞよろしくお願いいたします。
いつも以上に大変な学校現場とは存じますが,私たちは少しでも現場のお役に立ちたいと考えています。ご不明な点,ご要望等ございましたらぜひご連絡ください。

TY



(11:46)

2020年05月01日

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の中,人との接触を減らすために,家にいよう! Stay home! ということで,気軽に外出できず,ストレスがたまり気味の今日このごろです。未知のウイルスと戦っていかなければならないため,テレビや新聞,インターネットの情報に頼らざるを得ませんが,このウイルスは世の中に多大な影響を及ぼしているようです。

「戦争」とも表現される新型コロナウイルスとの戦い。この最前線にある病院では,感染防止のためのマスクや医療用ガウン,フェースシールドなどの医療資材や病床の不足などから,医療崩壊の危機に瀕しています。この逆境の中で必死に戦っておられる医療関係者の方々には頭が下がる思いです。心よりエールをお送りいたします!

このウイルスは教育現場の学校にも大きな影響を及ぼしています。3月から引き続き4月も休校となり,子どもたちは自宅待機を余儀なくされています。普通なら教室で新しい教科書を使った学習が進められるはずだったのですが,子どもたちはいま,家で様々な課題を自ら学習したり,オンライン授業を受けたりしています。中には,幼稚園から中学校までのすべての子どもにスマートフォンを配り,先生の動画を配信している自治体もあるようで,その取り組みは地域によって異なるようです。

文部科学省が提唱している「GIGA(ギガ)スクール構想」は,全小中学生,約950万人に一人一台のパソコンやタブレット端末を配付する計画で,当初は今後4年間でその費用を順次負担していく予定だったところを,今回の補正予算に全額盛り込んだとのこと。これで一気にデジタル化が加速するかもしれません。

一方,この長引く休校中にオンライン授業を進められる学校は限られることから,地域間の学力格差が広がることが懸念されたり,主だった大会や行事が軒並み中止に追い込まれたりしたことから,その解決策として9月入学制の導入がにわかにクローズアップされています。9月入学制になれば,海外との留学生の交流がよりスムーズに盛んになるため,グローバルな人材育成にはメリットが大きいかもしれませんが,そうなると,社会全体の仕組みを見直す必要があります。

どなたかがおっしゃっていたように,もしかしたら本当にパラダイムシフトが起こるかもしれません。そうなる前にタイムマシンで未来へ行って,どんなパラダイムシフトが起こると,どのような未来になるかということを見られればいいのですが・・・。

話が少しそれてきてしまいましたが,いまはまず外出を控え,人との接触を控えること。それから,学校が再開されたときに備えて自分たちの役割を果たしていくことに努めなければなりません。

(N)


(11:21)

2020年03月27日

 世界各地で猛威を振るっている新型肺炎コロナウイルス。
 先月から驚異的なスピードで蔓延し,長野県内では陽性と判定された感染者が3月25日現在5人。年齢は幅広く,うち入院中が2名,退院者が3名とのこと。そして感染者5人のうち4人が私の地元松本市の保健所管内に住む人ということで,身近で感染者が発生したことに驚きを隠せません。

 今回の新型肺炎の広まりとともにこの時期はやり始めて,多くのアレルギー持ちの方が予防に努めなければならないのが花粉症です。来月の下旬にかけて飛散するスギやヒノキ花粉。私自身,目の痒みの影響はあまりないのですが,くしゃみがとまらなくなるためマスクは必須となります。しかし,前述のように新型肺炎の広まりによってマスクの品薄状態が日本各地で起こっており,ドラッグストアやスーパーマーケット,コンビニエンスストアや100円ショップでも入荷の予定がたたない状況が続いています。

 そんな中で花粉症によるくしゃみが,新型肺炎によるものと誤解されないようにする「花粉症バッジ」が飛ぶように売れているというニュースを目にしました。妊婦さんが電車内で優先席に座りたい気持ちを表すマタニティマークになぞらえて開発されたものなのではないかと思います。
 私は電車通勤なので,車内で咳をした際に周囲から煙たがられるのを防ぐために購入し,身に付けた方が肩身の狭い思いをせずに済むのではないかと思いましたが,マスクを装着していたら大抵は嫌な顔をされずにすみますし,自分の体調管理も公共の場所において他人に移さないようにする事もできます。また,マスク不足に対応するためにキッチンペーパーや輪ゴムを使って作る簡易マスクも話題になっており,感染防止になります。
 今のご時世,少々過敏になりつつあるのは致し方ないのかもしれませんが,花粉症対策のための鼻炎に効く薬の服用や外出時にマスクの着用を徹底すること,手洗いや衣服に付着した花粉を取り払うなど基本的なことを日々欠かさず行い,食事では栄養を摂取し免疫力を高めることで病原菌に打ち勝つことができるのではないかと考えます。そうすればバッジは必要ないと思いました。

 ウイルスは誰の目にも見えないものであるのが非常に厄介で,今回の新型肺炎は長期化することが否めないですが,この困難を乗り越えていきたいと思います。


(16:50)