2020年01月24日

 甲斐の虎・武田信玄の五男,仁科盛信をご存じでしょうか。
 
 天正10年。織田信長による武田討滅戦は大詰めを迎えていました。
 武田は重臣たちが次々に織田方へ寝返り,諸城も降伏。当主・武田勝頼の弟である盛信が守る高遠城も,敵軍の大将・織田信忠から降伏を呼びかけられます。しかし,盛信は徹底抗戦を貫きました。押し寄せる数万の織田軍を相手に,三千の城兵を率いて戦い,武田氏最後の武将として二十六歳の生涯を終えます。
 
 盛信は,長野県歌『信濃の国』の5番にも,「仁科の五郎信盛も」と歌われて登場します。(「盛信」か「信盛」かは史料によって異同があり,本書でも触れています。)
 彼は一体,どんな武将だったのでしょう。兄の武田勝頼は,最初は諏訪氏を継ぎ,盛信は仁科氏を継ぎました。それぞれが,信玄に滅ぼされた名家を継いでいたのです。しかし,最終的には勝頼が武田家当主となり,盛信は仁科を名乗りながらも,高遠城で武田の最後を象徴する激戦を繰り広げ、武田武士の武勇を見せつけて散っていきます。二人のたどった運命とはどんなものだったのでしょう。そして盛信が継いだ仁科の家とは。武田と織田・徳川が繰り広げた高天神城の攻防とは。滅亡直前に韮崎に新府城を築いた勝頼の思惑とは。高遠城の戦いの様相とは―。
 仁科盛信について,もっと知りたくなりませんか?
 文書・史料を丁寧に読み解き,仁科盛信の実像にせまった探究の書『仁科盛信と武田氏』は,しんきょうネット,Amazon等でお求めいただけます。

詳細はこちら!
商品ページ(http://www.shinkyo-pub.or.jp/book/2160.html)
広告チラシ(http://www.shinkyo-pub.or.jp/catalog/book_catalog/bc0014.pdf)



(15:32)

2020年01月10日

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

  『凪のお暇』を発端にした文章の後,「長のお暇」になってしまいました。いつもブログを書きながら,読んでくださっている方がいるんだろうか,と思っていましたが,「近頃ブログはどうしたの」と言ってくださる方が何人かいて,ちょっとうれしい気持ちになりました。

 休止したわけではなかったのですが,ブログのお引越しがあり,新しい方法が億劫で何となく更新できずにおりました。年が明けたらと思っていましたが,習慣とは恐ろしいもので,順調に更新していた時は書けたものが,少し間を開けた途端,何を書いたらいいんだろう状態になってしまい,今頃の新年のご挨拶になりました。

 長々と「長のお暇」の言い訳をしましたが,そうこうしているうちに,信教出版は,令和2年度の小学校新教材の仕上げの時期を迎え,今まさに佳境という状態であります。この時期にどんな風に仕事に取り組むかが,仕上げを左右するといってもよいと思います。今回は,この忙しさを予想してスタッフ全員,インフルエンザの予防注射をしたせいか風邪をひく者もおらず,それぞれ真摯に仕事に取り組んでいます。

 長く使っていただいている,長野県のスタンダードとも言える教材の改訂版,そして,学校現場のご意見・ご要望から企画立案した新教材。ここを乗り切って,早く先生方,児童の皆様にお届けしたいとわくわくしています。

 この間,長野県は,台風19号による大きな被害を受け,学校も,先生方や児童生徒の皆さんの中にも,そしてスタッフの中にも被災した人たちがいます。信教出版も,信教出版の販社であるしんきょうネットも,学びの場が少しでもスムーズに動くようにそれぞれできる限りのことをさせていただいておりますが,以前の日常に戻るには,まだまだ時間がかかることと思います。

 少子化の問題,デジタル化への対応,はたまた地球温暖化などなど,枚挙にいとまがないような問題をはらんだ一年の幕開けではありますが,自分でしっかり考えることができる子どもたちが希望ではないかと思います。大げさですが,そんな教育の一端を担っているという自覚をもって,今年も前進してゆきたいと思います。



(17:35)

2019年08月23日

最近,毎週金曜日に放映されている『凪のお暇(おいとま)』というドラマを見ています。主人公は,「わかるー」が口癖の,常に周囲に合わせて空気を読みまくる28歳OL,大島凪。極端に空気を読みすぎて過呼吸で倒れてしまい,それをきっかけに自分を見つめ直し,すべてを捨てて新しい生活を始める,という物語です。

第1話での主人公の空気の読みっぷりは,かなり過剰でした。それでも,会社で空気を読んで上司や同僚に合わせてしまったり,自分だけご飯に誘われていないのではと不安に感じたりするシーンや,「いいね!」ボタンを押さなければならないSNS特有の窮屈さなどに対しては,主人公の凪のように「わかるー」と同意した視聴者も多かったのではないでしょうか。こうしたモヤモヤな現状に対する,「なんだかなぁ……」という悲哀たっぷりな主人公のつぶやきが,なんとも印象的な第1話でした。

現在は主人公とお隣さん,元カレとその同僚の4人の恋が絡む青春感たっぷりのラブコメドラマとなっていますが,それぞれの回で「空気」を軸に進んでいくストーリーが面白いです。興味がある方はぜひご覧いただければと思います。

------

話は変わって,『大辞林』や『新明解国語辞典』でおなじみの三省堂では,毎年「今年の新語」を発表しています。最新の2018年の大賞は「ばえる」(写真がひときわ美しく目立って見えるさま)という順当な結果でしたが,個人的に興味深いと思ったのが,2位と3位にランクインしたことばです。

3位だったのは「わかりみ」。「わかる」とほぼ同じニュアンスをもつ,ネット発の用語です。
これに限らずネット上には,簡単に同意や共感を示せることばがたくさん登場してきました。例えば,「それな」,「あーね」,「たしかし」,「ほんこれ」,「はげどう」など。コミュニケーションを手っ取り早く円滑に進めるためには,同意や共感のことばがたくさん必要だったのかもしれません。

そして2位だったのは「モヤる」。「モヤモヤ」を「~る」という形で動詞化した若者ことばですね。先ほどのドラマの主人公の「なんだかなぁ……」というモヤモヤな心境は,まさに「モヤる」状態だといえます。
この言葉はSNS上でもよく見られます。そもそも,同意や共感を表すネット用語や若者ことばはたくさんあるのに,相手への不同意を角が立たないようにやわらかく表現することばは多くありません。反対の意を表明できず,かといってそのモヤモヤを心に押しとどめておくこともできない,そんな心境から「モヤる」ということばがSNS等で多く使われるようになったのかもしれません。3位の「わかりみ」をおさえ,2位に「モヤる」がランクインするあたりに,空気を読むことに疲れた現代ならではのモヤモヤ感があるような気がします。


私も社会人になってから,いろいろ「モヤる」経験をしてきました。

最近だと,例えば仕事において,自分とは異なる立場の様々な方から,受け入れがたい要求(要はムチャぶり)をされる場面が何度かありました。
ドラマのように受け入れられないことはキッパリと断るとか,急にそっけなく塩対応になるとか,顔面から威圧を与えておくとか,不同意を示す態度は山ほどありますが,さすがにそれは空気をぶち壊すな……と考え,結局何も言わずに「モヤる」ことが何度かありました。

しかし,一見ムチャぶりであっても,後で冷静になって相手の立場で考えてみると,それはそれでしっかりと理解できる要求の理由があることに気づきます。

なぜ「モヤる」のかといえば,相手の考えを理解できないからです。それなりに相手の立場に立って考えて,共感できる部分が見つかれば,モヤモヤは少し軽減されるのではないでしょうか。

先述した三省堂「今年の新語」の2017年大賞に選ばれたことばは,「忖度(そんたく)」でした。今となってはネガティブなことばですが,本来の意味は,「他人の気持ちをおしはかること」です。まさに相手の立場に立って考えるという,日本人らしい気配りを示すことばといえます。

何かと「モヤる」ことが多い時代に必要なのは,この「忖度」かもしれません。

ドラマ『凪のお暇』の主人公は,空気を読むことに疲れ,すべてを捨てて新しい生活を送ることになりましたが,私たちにとってそれは容易ではありません。

空気を読むことからなかなかお暇できない私たちにとっては,仮に意に沿わない結果となろうとも,せめて本来の意味での忖度によって相手の気持ちをおしはかり,「わかりみ」を感じる部分を少しでも増やしていくことが大切なのではないでしょうか。

それこそが,「モヤる」気持ちを軽減させる処世術であり,事態の打開に向けた第一歩へとつながっていくのだと思います。

(17:40)